運営チーム

壮(たけし)
共同創業者 兼 代表理事

社会起業家。「全てのシニアをインターネットで繋ぐ」というビジョンを掲げて81歳の時に本法人を設立、「Inetrnet of Seniors」Ⓡ(略称IoS)のスローガンの下、ビジョン実現に向けて日々奮闘中。
 旭化成で旭化成情報システム㈱社長などの要職を歴任。退職後、'00年にマレーシアのペナン島へ移住、当地を拠点にインターネットでシニアビジネスを実践。75歳で帰国、世界一高齢化が進む日本でシニアのデジタル活用が進んでいない現実に直面・危惧し、すぐにシニアのデジタルデバイド解消へ向けた活動を開始した。
 益々ICT化が進む社会でシニアが孤立せず、孤独を感じず、ネットを使ってアクティブな生活を送り、さらにシニアの有する経験・知見をもう一度社会に還元できる社会の実現を目指している。
 各地でシニア向けIT活用講座を開設する一方、総務省、内閣府、神奈川県他の自治体・各種団体が開催する高齢社会のDXに関する各種イベントにて、講演者としてシニア目線で情報化政策に関して提言。また、AIなど最先端技術の学会・研究会などでもシニアからの情報を発信している。
慶應義塾大学卒業

著書:「iPadで65歳からの毎日を10倍愉しくする私の方法」、「シニアよ、インターネットでつながろう

星野 芳昭
共同創業者 兼 理事、SDGs&人財開発担当

経営のプロ、IoSJの司令塔。2017年12月、牧代表と共同で本法人を設立。
1980年代から大手コンサルティング会社にて業務改革、事業開発、人財開発等を担当、1995年に社会課題解決の成果測定を開発、政府や自治体の政策評価に従事。2013年に独立、スタートアップ企業の経営参画、SDGsエンゲージメント等に活動の幅を拡げる。
2020年度からは、特に以下の活動に重点を置く。
1.加齢をテーマにした商品、サービス開発プロジェクト運営及びモニタリング
2.50歳前後の企業勤務者を対象にした人生百年時代の新キャリア開発(研修、コーチング)
3.自治体や地域コミュニティ、NPO等とのSDGs 連携の推進

株式会社スター・ガバナンス 代表取締役
行政経営株式会社 代表取締役
一般社団法人ウェルネスフォーラムジャパン 代表理事
慶應義塾大学卒業

著書:「ガバメント・ガバナンスと行政評価システム

入江 眞知子
理事

シニアのためのデジタル・ガジェット/アプリのエバンジェリスト。シニアユーザーにとってどんな機能が喜ばれるのか、あるいは何が利用の障壁かなどの洞察を深めるべく、日々、ユーザーとのインタラクションに身を置きながら探求している。

前職では金融機関に勤めながら副業としてMCを約25年経験、その経験を活かし、今もIoSJ含めて各種イベントでMCを務める。聖路加病院の故 日野原重明先生のご活動・お言葉に感銘を受け、超々高齢社会をアクティブに、楽しい社会にすべく、シニアを元気にするNPOで活動中。
 幼少の頃から転勤族で、熊本生まれ、その後、兵庫、東京、神奈川と移り住み、結婚後も茨城、沖縄、千葉などで暮らす。海外旅行も趣味でこれまでに訪れた国は40カ国を超えた。シニア向けサービスを手掛けるスタートアップの支援活動もしており、360度カメラ&VRゴーグルのプロジェクトではSHIBUYA QWSにも参加。
成蹊大学卒業

近藤
理事、共創&グローバルアライアンス担当

工学博士(コンピュータ工学)、イノベーション経営の実践家.IoSJを会員と企業/研究者の共創の場とすべく2020年1月より理事に就任.また、アライアンスを通してIoSJの理念をグローバルに広める活動も推進する.

2003~2018年の期間は米国西海岸、主にシリコンバレーを拠点に活動.少子高齢社会の課題解決型イノベーションで次世代の基幹産業を創出すべく2018年初春に日本へ活動拠点を移す.帰国後は高齢者の生活の現実を知るべく、また、日本におけるスタートアップを巡る環境の現実を実感すべく、現場を渡り歩いている.I-Commission共同創業者 兼 代表.

東京工業大学にて学部・修士・博士、スタンフォード大学にて客員研究員.シリコンバレーでの経験をもとに経営・マーケティングに関してまとめた著作をFromBayArea.comのサイトに掲載中(ペンネーム:ちかふじりゅう/千賀藤隆)

From Bay AreaI-CommissionLinkedIn
澤岡 詩野(しの)
顧問

老年社会学者。IoSJの活動に対し、社会科学的見地からアドバイスを頂いている。
都市高齢者の仲間や知り合いなどのゆるやかなつながりや、高齢者が社会とつながり続ける手段としてのICTの可能性、さらには高齢期の第三の居場所などを主な研究領域とされる。
武蔵工業大学卒業、東京工業大学にて博士(工学)、その後、東京理科大学にて助手、客員准教授を経て、現在は公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団 主任研究員。
また、日本老年社会科学会 広報委員/編集委員、日本応用老年学会 監事/編集委員、シニア社会学会 理事、(公財)東京都防災・建築まちづくりセンター 理事等を歴任。

著書に「後悔しない「年賀状終活」のすすめ」、「「地方創生」へのまちづくり・ひとづくり」、「荻窪家族プロジェクト物語;住む人・使う人・地域の人みんなでつくり多世代で暮らす新たな住まい方の提案」などがある。

Blogs
PAGE TOP