• IoS活動報告

高齢社会フォーラムin東京


1月20日に内閣府主催の平成元年度「高齢社会フォーラムin東京」が開かれました。
基調講演は情報科学的アプローチでGerontologyに取り組んでおられる、東大先端科学技術センターの檜山敦先生で、高齢化社会の現状、GBERなど高齢社会での活動の話をされました。

世界と一緒に考えよう!アクティブ・エイジング


そのあと3つの分科会が開かれ、その中での第2分科会は、「世界と一緒に考えよう!アクティブ・エイジング」という課題で、ドイツ代表のドイツ日本研究所所長のフランツ・ヴァンデルベルガーさん、イタリア代表のフィアットで有名なFCAJapanマーケティング本部長のティツィアナ・アランプレセさん、そして私が日本代表として参加してのパネルディスカッションが行われました。

歳をとると共に周囲との繋がりが少なくなり社会から孤立していく


3人の話は、それぞれ国の文化の違いによる高齢化社会の違いがが紹介され、ドイツは各地方の小さな町が一つのコミュニティでそこで様々な役割や人との繋がりで元気に歳をとっていく、イタリアはむしろ家族が第一であり、家族との関わりで愛を交わし元気に歳をとっていくと言うことでしたが、日本はコミュニティが会社第一であり、歳をとると共に周囲との繋がりが少なくなり社会から孤立していく、そしてそれを改善するデジタル技術として「全てのシニアをインターネットで繋ぐ」という理念のInternet of Seniors(IoS)の考えを紹介しました。

定員を超える参加者で立ち見者も出るほど


世界中が高齢化した行く中で、高齢化先進国のドイツ、イタリア、日本が一緒に議論したことは初めてのことで、定員を超える参加者で立ち見者も出るほどでした。
これを機会に高齢化社会問題に日本からも沢山の情報を発信していきたいと思います。

The following two tabs change content below.

一般社団法人アイオーシニアズジャパン

「全てのシニアをインターネットに繋ぐ」という理念で益々高齢化する社会の改革をしようとする運動を広めたいと思っております。シニア達がインターネットを通じて、世代を越え、地域を越え、業界を越えて繋がることで、活力ある新しい高齢化社会を構築したいと考えております。

最新記事 by 一般社団法人アイオーシニアズジャパン (全て見る)

関連記事一覧


一般社団法人アイオーシニアズジャパン

IoSJ 協賛企業


株式会社ブレインワークス 様



株式会社ボイスタート 様

最近の記事

遂に本になりました。

PAGE TOP