• From Maki

台風接近で思うこと。

1歩も外に出れないない1日が始まろうとしています。


今、超大型の台風がまっすぐ向かってきています。
社会活動の殆どの機能が止まろうとしてます。
1歩も外に出れないない1日が始まろうとしています。
1日中家に閉じこもって不安な日々を送らなければなりません。
こんな時にスマホを持ってない人はどうするのでしょうか?

第一歩はスマホの活用


テレビからくるいろいろな情報も貴重ですが、もし停電になったら情報は来ません。
自分自身の安全を守ること、そして家族や知人の安否を確認することなどなど、必要なすべての情報はネットで得ることができます。
その第一歩はスマホの活用です。しかしまだまだシニアのスマホ活用の度合いは低いのが実体です。

孤立孤独のシニアを作らない


高齢化が進み一人暮らしのシニアが増える中、いかに孤立・孤独なシニアを作らないかと言う事が大きな社会課題となっています。
私は今「すべてのシニアをインターネットでつなごう」と言うことを提唱し啓蒙しています。
孤立孤独のシニアを作らない。そしてどんなときにも自立・自活できるシニアになって欲しいと思っています。
そのためにスマホの活用は不可欠です。
そしてすべてのシニアがスマホを使えるようになるためには、デジタルに弱いシニアを支える家族や周辺の人たちの社会的支援が不可欠です。
今日1日をこういった自然災害からも、すべての国民が安心安全に暮らせるための仕組み作りを考えてみませんか。

The following two tabs change content below.
牧 壮
1936年生 慶応大学卒業後、旭化成勤務。定年後に牧アイティ研究所とペナンのリゾートオフィスを開設しシニア向けのパソコン教育とインターネット交流に従事、現在千名を超えるシニアのネットワーク交流を構築。
ブログ Take all chances !!
牧 壮

最新記事 by 牧 壮 (全て見る)

関連記事一覧


一般社団法人アイオーシニアズジャパン

IoSJ 協賛企業


株式会社ブレインワークス 様

最近の記事

遂に本になりました。

PAGE TOP