幸区老人クラブでの特別講演

地元の老人クラブ連合会長研修会でお話しました。


全国の老人クラブ連合会には約6万人の会員がおられます。

私の地元の川崎市幸区には約4千人の会員で構成された74のクラブがあります。今回はその各クラブの会長さんの研修会に特別講演のお招き頂きました。

演題は「人生100歳時代へのチャレンジ」<インターネット時代のシニアの生き方>でした。
140名の方が参加され熱気ある研修会でした。

幸区老人クラブ連合会は「仲間づくり」を基本に「生きがいと健康づくり」「高齢者相互の支援活動」「社会奉仕活動」の全国三大運動を中心に活力ある仲間づくりをすすめ相互の支え合い助け合いを強めながら「ひとりが主役の楽しいクラブづくり」を推進し、長寿社会にふさわしい新たな老人観を持ち会員共同しながら努力していくことを目的としています。

The following two tabs change content below.
牧 壮
1936年生 慶応大学卒業後、旭化成勤務。定年後に牧アイティ研究所とペナンのリゾートオフィスを開設しシニア向けのパソコン教育とインターネット交流に従事、現在千名を超えるシニアのネットワーク交流を構築。
ブログ Take all chances !!
牧 壮

最新記事 by 牧 壮 (全て見る)

関連記事一覧


一般社団法人アイオーシニアズジャパン

IoSJ 協賛企業


株式会社ブレインワークス 様

最近の記事

PAGE TOP